Comvita(コンビタ)オメガ3フィッシュオイル300カプセル

OM300
OM300 OM300

オメガ3フィッシュオイル300カプセル(コンビタ社)

販売価格
¥7,600
在庫状態 : 売切れ
業務パック割引
  • 3個以上で1個あたり¥7,220
売切れ
商品説明
コンビタオメガ3がパワーアップされました。コンビタ社のオメガ3は深海魚の精製油を原材料に作られています。1カプセル(1000mg)あたりにEPA300mgとDHA200mgが含まれています。必須脂肪酸と呼ばれる人間に必要な数々の脂肪酸は体内では作り出せないため、食事から摂取する必要がありますが、普段の食事で肉が多い方、魚をあまり食べない方にはオメガ3がおススメです。商品の表記は「EPA 600mg DHA 400mg」となっておりますが、これは一日の推奨摂取量である2カプセルあたりの含有量となります。
※以前の商品は1カプセルあたりの含有量は「EPA 180mg DHA 120mg」です。

オメガ3(EPAとDHA)とは?

オメガ3脂肪酸はα-リノレイン酸系列の脂肪酸のことで、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)のことです。細胞が機能するためには不可欠なこれらの脂肪酸は人間の体内では作ることが出来ない栄養素で、食事から摂取する必要があります。オメガ3はイワシ・サバ・ブリ・マグロなどの青魚に多く含まれています。

EPAには乾燥肌や敏感肌を改善する効果があり、アンチエイジングなどでよく使われています。DHAは脳や神経細胞に多く存在し、脳や神経細胞が機能するために重要な役割を果たしています。またDHAは老化による記憶力低下や視力低下などにも効果が期待されています。またオメガ3は血中コレステロールを下げ、血液を固まりにくくする効果があり、中性脂肪を下げ、血圧を安定させる効果があり、心臓によいことで知られています。

コンビタ社のオメガ3の特徴

コンビタ社のオメガ3フィッシュオイルは1カプセルに1,000mgのオメガ3が入っています。その1,000mgあたりにEPA(エイコサペンタエン酸)が300mgとDHA(ドコサヘキサエン酸)が200mg入っていることを示しています。コンビタのオメガ3は骨や関節の健康を維持し、関節の柔軟性を促す効果があると考えられています。


オメガ3フィッシュオイルのお召し上がり方

1日に2~4カプセルを目安にお召し上がり下さい

使用上のご注意

血液に関するお薬をお飲みの方は、お召し上がりになる前に、念のため医師にご相談ください

この商品への「お客様のお声」はまだありません。

この商品への「お客様のお声」のRSS

ログインして「お客様のお声」に投稿する ≫