プロポリスPFL30 250タブレット|コンビタ社の高濃度高品質プロポリス

PP250TabPFL30
PP250TabPFL30

プロポリスPFL30 250タブレット

販売価格
¥11,300
在庫状態 : 在庫有り
数量
商品説明
コンビタ社の高品質のプロポリスPFL30の250タブレット入りです。1タブレットあたりに100mgのプロポリスが入っており、手軽に高品質のプロポリスが摂取できます。毎日飲むことで、免疫機能を高め、強く健康な体を作ります。
プロポリスPFL30カプセルタイプもございます。

プロポリスとは?

プロポリスとは、蜜蜂がさまざまな樹木から集めてきた樹脂と花粉を蜂の分泌液(酵素)と混ぜ合わせて作り出す天然の物質です。そうして作り出されたプロポリスには優れた殺菌効果や抗酸化効果があり、蜜蜂はそれを利用して巣を外敵から守り、無菌状態に保っています。

蜜蜂はプロポリスを実に人類誕生以前から利用していました。これは取りも直さずプロポリスが改良の余地がないほど優れていることを示しています。また、プロポリスには細胞を活性化させる働きがあり、免疫力の強化などの効果もあります。他には炎症を抑える効果などもあります。正にプロポリスは天然の抗生物質と呼ぶにふさわしい優れものです。

コンビタプロポリスが高品質である理由とは?

PFL30マーク

業界に先駆けて、コンビタはフラボノイド量を基にしたプロポリスの含有量表示を導入しました。このPFL(プロポリス・フラボノイド・レベル)表示は、プロポリスの濃度ではなく活性度を表しています。PFL30は1日の推奨摂取量(2カプセル)あたりにフラボノイドが少なくとも30mg含まれることを意味しています。コンビタプロポリスはすべて規格化されており、他の国際ブランドの多くよりも格段に高いフラボノイドレベルを示しています。さらに、コンビタプロポリスには異なる種類のフラボノイドが多数含まれていることもわかっています。


プロポリスPFL30タブレットのお召し上がり方と保存方法

プロポリスPFL30タブレットは健康食品ですので、特に決められた用法・容量はございませんが、目安として1日2錠程度を食べ物と一緒に(お食事時に)毎日お飲みいただくと効果的です。必要に応じて1日4錠までお飲みになれますが、それ以上の摂取は避けて下さい。

プロポリスの新鮮さを保つために30℃以下の湿気のない場所に保存して下さい。

次の方はプロポリスの摂取はお控え下さい

  • 1歳未満の乳幼児
  • 妊娠中または授乳中の方は摂取前に医師にご相談下さい

プロポリスPFL30の商品一覧を見る

お客様のお声(2件)

  1. Comment by 聖 様 — 2013年7月3日

    2012年9月より、お世話になってます。以前は他メーカーのポーレンとプロポリスを10年前くらいに食べてましたが、、購入が面倒でやめてました。2009年頃から鼻炎、副鼻腔炎、喘息と不快な症状が続き、耳鼻科通いにうんざり、症状もあまり改善せず、コンビタのプロポリスが安価に入手できる貴店と出会い、去年からは耳鼻科に一回も行かず、友人はびっくりしています。母と主人、長男夫婦、長女夫婦、孫とファミリー全員がプロポリスのお世話になってます。今回は口内炎がよくでき、辛そうな叔母にも食べさせてみようと思います。薬ではないので、表面的に何かが変化するわけではありませんが、私は本当に助かってます。もともと元気がありすぎるのですが、元気なのに耳鼻科のお世話になっているのがとても残念でしたが、今は花粉の時期も問題なく快適です。ありがとうございます。継続が必須ですね。この商品が入手困難にならないことを祈ります

  2. Comment by 店主 水野 — 2012年2月7日

    このプロポリスPFL30タブレットはプロポリスの中でも特にフラボノイドが高く、なかなか採れない大変希少なプロポリスです。そのため、メーカーであるコンビタ社も常に製造できる訳ではなく、この2年弱の間は製造されていませんでした。

    このPFL30タブレットを大変気に入り、以前は毎日朝1錠(たまに夜も1錠)を愛飲しておりましたが、製造休止になってからは品切れのため今は代わりにPFL15タブレットを飲んでおります。PFL15にしてからは毎日朝と夜に1錠ずつ飲んでおります。

    プロポリスを飲み始めてからというもの、この5~6年かそれ以上の間でまともに風邪をひいたのは僅か1回くらいです。それ以前は毎年必ず風邪で寝込んでおり、最高で1年に6回も風邪をひいていたことがありました(-_-;)。その時からは考えられないくらい、今では体の免疫力が上がったと思います。

    「風邪をひきやすい」という方には是非お勧め致します。

この商品への「お客様のお声」のRSS

ログインして「お客様のお声」に投稿する ≫